激しく訪れたい、自動販売機。

  • 2015.03.09 Monday
  • 10:08

金曜の夜、なにげに見ていたTV番組が、めっちゃツボやったんです〜。

秋田県某所。40年前に設置されたのだという、
ぼっろぼろの、うどんとソバの自動販売機。

お金を入れて待つこと25秒。
地吹雪が荒れ狂い雪が積もったテーブルに、
あふれんばかりの汁で満たされた発泡スチロール容器をポンと置き、
はふはふしながらすすってるオジサン。
吹きさらしのテーブルの上には七味の瓶が吊され、
好きなだけかけられるようになっている。
大型トラックの運ちゃんは、
うどんが見えなくなるくらい七味で真っ赤っかにしてニコニコ。
ここで出会ってカップルになった女44才男37才。
ワイン持ち込みでくつろぐ母子&友人たち。
ポンコツだから、200円入れてもウンともスンとも・・
動いてくれないこともしばしば。
熱湯が出過ぎて火傷しそうになる。けれど誰も文句は言わない。
「温まる〜」「200円でこんなに美味い」「週に一度は来るよ」
「ソウルフード」「高校生のときからずっと食べてる」
72時間ルポの間、深夜にも夜明けにも、吹雪でも、訪れる人が絶えない。

愛されてるねー。
秋田のどこなん?

道路の前は海。潮風に吹かれながら食べるのがまた美味いと言った人がいた。

食べに行きたい。
行くぞ!
行くべし!
ふふ、今度のプライベート旅はこれやな♪>^_^<


 
ものがたりのある食べ物って、無性に食べたくなるねー。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM