IZU PHOTO MUSEUM 小島一郎写真展。

  • 2014.09.06 Saturday
  • 17:58


9月2日、三島まで18切符で往復して(^^; 観てきた「小島一郎写真展」。

小島一郎は青森の写真家で、
1950年代〜1964年まで、津軽や下北に魅せられ39歳で亡くなるまで、
かの地の情景や人々を撮り続けました。
今年で没後50年。
一時はほとんど忘れられていたこともありました。
常設展が置かれている青森県立美術館では、
2009年に企画展が開催され、このとき写真集「小島一郎写真集成」が発刊されています。

私、この企画展のときに初めて小島一郎を知り、
戦後リアリズム写真とは一線を画した絵画的な美しい写真に
すっかり夢中になりました。
好き過ぎて(笑)5年前にこの写真を使いたいがための企画を考え
プレゼンしたこともあります。
それがめでたく通った仕事が最後の写真。
このときの小島さんの以外のロケ写真は、
園田百さんが撮影。酷寒&地吹雪吹き荒れる津軽で、
小島さんの足跡をたどる厳しい撮影でしたが、
同じ場所同じ冬、彼は車ではなく徒歩での撮影行だったのだなぁ…と思うと
苦労が忍ばれ感慨ひとしお…。
そして、このロケ最終日の前日が3月11日。
グラッときたのは下北半島の内側の海辺、大湊線の撮影中でした。

★小島一郎写真展「北へ、北から」はIZU PHOTO MUSEUMにて、12月25日(木)まで。
http://www.izuphoto-museum.jp/
★9月28日(日)14時30分からは、トークイベントがございます。
(定員100名、予約制)青森県立美術館から小島一郎を研究し
「小島一郎写真集成」制作に大きな役割を果たされた高橋しげみさんがお話され、
未亡人で歌人でもある弘子さんも来られます。

私、28日には、写真好きの到津の森動物園の副園長Mさんと
息子ケースケと、再度訪れまする。
楽しみです〜♪(^^







コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM