三谷文楽・其礼成心中。

  • 2014.08.08 Friday
  • 10:40

三谷文楽・其礼成心中。

それなりに〜おもしろかった!(^◇^)

「それなり」というのが、ひとつのキーワードかな。
今までの文楽では決して主人公にならなかったような人形を主人公にしたことで、
自分の周りにいそうな人たちの身近な話としてリアルに物語に入っていける。
滑稽で、しんみりして、悲しくて、力強くて。
ヒーローじゃなくてもそれなりに生きている人々の喜怒哀楽が、
人形が演じることでスパッと際立って感情がストレートに迫ってくる。
私、人生、あと1/3くらいは残ってるけど、
それなりにおもしろ可笑しく生きたいなーなんて思えたり。

「・・・はそれなりに」ちうオモシロCMも、かつてございましたね。
「それなり」への共感は不変にゃのかな。=^ェ^=

8月17日(日)まで京都劇場で。
http://www.kyoto-gekijo.com/performance/mitani_bunraku.html









浄瑠璃の語り方、人形の台詞もわかりやすかったです。
終わってから「おもしろいね〜(^^)文楽劇場で普通の文楽も観てみたいわ〜」
という声も聞こえてきました。
文楽初心者も楽しめる?私も、初心者だし。^_^

人形遣いは若手ばかりで、
大胆な動きを採り入れている実験的な試みに好感が持てました。
文楽の若手は40〜50代も含まれますから、ベテランでもあります。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM