梅田の三越伊勢丹・美術画廊「第6回 日本画・京展」田島周吾さん、ギャラリートーク。

  • 2014.06.07 Saturday
  • 20:33
梅田の三越伊勢丹・美術画廊「第6回 日本画・京展」
6月4日から始まっているのですけれど、本日ギャラリートークでした。
16名の画家さんが一人ずつ作品解説し、トリが田島周吾さん。

「日本画の代表的な題材である花、牡丹をあえて選び、
誰にも似ない独自の絵を目指して描き進めていきました」とのこと。
さらに「僕は父が絵本を描いていたので、
物心ついたときから家には1000冊余りの絵本があり、
その中で育ったせいか何か物語的な要素を絵の中に入れていきたいと、
いつも思うんです」との言葉通り、
今回、花瓶で店開きしているのは骨董屋で、
ナマズの店員さんが店番してます。

小品の方にはシャクヤクも描かれ、その花瓶の店には胡蝶蘭が飾られて。
「立てば芍薬、座れば牡丹、走る姿が胡蝶run」
 (^◇^;)て、本人が言うてたんよ・・・
展示は、10日(火)17時までです。

田島さんの、いつもの楽しいモチーフ、
小さなネコさんも、やっぱり描かれてましたよ。

西野陽一さんという方の日本画、
画面いっぱいにネコさんが乱舞(?)
三毛・キジ・トラ・・・ドラえもんまで描き込んであって、
ポップで楽しい!
日本画も、だんだん自由な発想で描かれるものが
多くなってきたようです。





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM